<24>鉢伏山とブナ林

d0130089_21312978.jpg
>
GR DIGITAL

町の最高峰であり、町野川の水源。山頂付近にはブナの原生林が残る
場所:鉢伏山頂上付近

1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)
1.能登町字当目
2.10月上旬
3.10月上旬のこの時期は、紅葉直前。枝によっては、黄色く色づいているものも。
5月上旬には若葉。
4.珠洲道路(主要地方道珠洲穴水線)立体交差「当目」交差点を「黒川」方面へおりる、
(「セミナーハウス山びこ」の看板が目印)
約3km先、能登警察署当目駐在所、当目簡易郵便局の向かいが「グルーヴィー能登事業所」。
交差点を左折し、大箱集落を抜けると、林道入り口へ。
北陸道金沢森本ICから能登有料道路白尾IC経由で約1時間30分。

この日は、株式会社グルーヴィー主催の鉢伏山ブナ林散策(能登人と過ごす「能登時間」)に同行。

尾根付近のブナ天然林を散策。
この辺りのブナ林は、昭和60年前後に旧柳田村が保全のため買い取ったもの。
製紙原料としてチップにされる危機的状況を乗り切った、貴重なブナ林です。
平成20年の現在まで、天然のままの姿を残し、繋がっています。

この日の参加者は、金沢市や志賀町などからいらっしゃった方々。
能登町に住む我々が、この山のことを一番知らないのではないか。


積雪などの厳しい気象条件のため、どの木も違う表情をしている。
d0130089_2257692.jpg

d0130089_2132049.jpg



麓より一足早く、どんぐり日和。
d0130089_2132375.jpg



GR DIGITAL BLOGトラックバック企画「Ring」に参加します。
[PR]
by noto100 | 2008-10-11 21:39 | 2007年選定<21〜30>
<< <33>能登の銘酒 <ネクスト能登町百景2>紅葉す... >>