<66>きりこ橋

d0130089_2311508.jpg



能登の夏祭りを代表する「キリコ」の橋。高さ24mもあり壮大である    
場所:九里川尻川河口
(能登町百景から引用。)

1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)
1.能登町字九里川尻
2.通年
3.キリコの表側(体育館側)は、午前中順光。
4.のと鉄道転換バス・奥能登特急バス「九里川尻」下車。
自家用車は、内浦運動公園駐車場へ。

・キリコ橋は歩行者専用橋。途中には、季節の音が流れる装置がある。

d0130089_2312313.jpg

胴の部分には、メンテナンス用のスペースがあり、登れるらしい。
[PR]
# by noto100 | 2007-10-07 23:10 | 2007年選定<61〜70>

<39>千畳敷ポケットパークから望む夕日

d0130089_1101323.jpg




能登町で最も美しい夕日が望める場所    
場所:小浦 千畳敷
(能登町百景から引用。)

1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)
1.能登町字小浦
2.通年
3.干潮時には、平たい岩が広がる千畳敷。満潮時と干潮時では表情が全く異なる。
タイドグラフと日没時間を眺めて、ベストショットを狙いたい。
4.のと鉄道転換バス・奥能登特急バス「小浦」下車。
自家用車は、千畳敷ポケットパークへ。

・能登町は、能登半島の東側なのに、この場所では海に映った夕日を見る事ができる。
夕日自体は、陸地に沈む。

今日も立山の山影が見えた。
d0130089_1104563.jpg
[PR]
# by noto100 | 2007-10-07 01:11 | 2007年選定<31〜40>

うれしいな

GR Blogにトラックバックしたところ、
「明日は時化る」が、ライターさんに選ばれてしまいました。
http://blog.ricoh.co.jp/GR/archives/2007/10/gr_digital23.html
ありがとうございます。

銀座のリコービルのほうには足を向けて寝れません。

コピー機のカウンターを確認しにきた社員さんを捕まえて、
GR digitalを買ってから4ヶ月。
買ってよかった。

コンパクトデジカメは数多く買ったけど、GRで初めて
空に濃淡がある事に気づいた。
d0130089_21534611.jpg

ちなみにこちらは、真脇遺跡公園。
[PR]
# by noto100 | 2007-10-06 22:01 | 基本情報

<20>世界一の縄文土器

d0130089_20471251.jpg



高さ4.5m、重さ5tのギネスブック公認の縄文土器    
場所:宇出津新港交差点
(能登町百景から引用。)

1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)

1.能登町字宇出津新港。宇出津新港交差点から埋め立て地に入って100mほどのところ。
2.通年
3.公園が併設されている。公園の草が伸びている時期もあるので注意。
 港に近いので、春先なら立山も見える。
4.のと鉄道転換バス・奥能登観光開発バス曽又線「辺田の浜」下車。
 自家用車は、道路を挟んだお向かいの商業施設の駐車場を借りるか、駐車禁止じゃない場所に路駐。


・超巨大な縄文式土器。
近くの高校に通っていたので、個人的には違和感はないが、普通の感覚だと「何じゃこりゃ」と思う代物に違いない。

・やぐらを組んで、周りからガスで焼いたそうな。
完成から15年以上も経っているのに、能登半島地震でも壊れたりしなかったということは、よっぽどしっかり造ってあるのだろう。
[PR]
# by noto100 | 2007-10-06 20:53 | 2007年選定<11〜20>

<4>羅漢山、<52>ひでっ坂 (蹉跌篇)

「さて、能登町百景をカメラにおさめてみるか」
と、思い立ち動き出した初日、早速ぶちあたったのがこの2件。

早生の田は、稲刈りの時期。
道の余白に車を停め、折りたたみ自転車「青い夕凪號」を駆って、いざ「林道河ヶ谷線」へ。

林道河ヶ谷線は、住宅地図では時長へ抜けられるようにかいてあるが、
実際は、砂利を敷いた田んぼ道。
公式発表には「林道河ヶ谷線沿い」とあるだけ。
災害の箇所もあり、途中でまったく前に進めなくなり、引き返してきた。
d0130089_0542415.jpg

こりゃひどい。

そして、稲刈りをしていた河ヶ谷の方に道を伺うと、
「今は通れないかもね」とのこと。
途中でわかれるもう一本の道が「羅漢山」の前を通るとの回答。
最初に聞いておけば引き返すこともなかったのに…

で、たどり着いた場所がこんなところ。
d0130089_0552396.jpg

看板もあるし、

d0130089_0585097.jpg


岩肌もそれっぽいけど…どこから登るんだ。
(そして登って良い場所なのか。)

こんなに近くに、こんなに遠い場所があるものかと
思わず感心してしまった。

情報を集めてから、草が寝ている春先に再チャレンジだ。
[PR]
# by noto100 | 2007-09-30 01:01 | 再チャレンジ枠

<18>波並路地川

d0130089_0232726.jpg



路地裏にある小さな川。近所の人が野菜などを洗う姿は昔から変わらない
場所:波並川中流
(能登町百景から引用。)

1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)

1.能登町字波並。
2.通年。
3.能登町百景では、中流域の写真が採用されているが、今回は河口近くで撮影。
左手に写っている建物は商店で、その前には「三波村」の「道路原標」が建っている。
この商店周辺が三波村の中心地だった事を示している。いまでも家が密集。
4.のと鉄道転換バス「波並駅前」下車。<17>に近接。

・この地域の消防団「三波分団」は、日本一。
住宅が密集していることによる危機感が、訓練の質の向上につながるのか。
[PR]
# by noto100 | 2007-09-30 00:27 | 2007年選定<11〜20>

<17>波並漁港

d0130089_23523432.jpg



漁港の曲線に沿って以前は路線が走っていたが、現在では廃線跡地となっている
場所:波並漁港上
(能登町百景から引用。)

1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)

1.能登町字波並。
2.通年。
3.漁港入り口近くに踏切跡があり、そのあたりから高い場所に上ることができる。
4.のと鉄道転換バス「波並駅前」下車。
自家用車は、波並駅跡から国道249号線を挟んだ海側に2台ほど駐車可能。
ただし、釣り人の駐車が漁の支障となっているようなので、漁港周辺の駐車は避けた方が良さそう。
今回は「長島公園」の駐車場から折りたたみ自転車でアプローチ。
積み上げられている枕木の手前、踏切近くに寝ているのが、折りたたみ「青い夕凪號」。

d0130089_2356588.jpg

お昼前、船が帰ってきた。


d0130089_23565690.jpg

集落の入り口のガード下には「1958」とある。
波並駅の開業は1960年。


d0130089_23574144.jpg

コンクリートが剥離している。多くのトンネルも危険な状態だったに違いない。
[PR]
# by noto100 | 2007-09-29 23:50 | 2007年選定<11〜20>

<85>藤波間島海岸

d0130089_22171356.jpg


長島の「虎御前伝説」地である藤波間島海岸
場所:藤波 長島公園
(能登町百景から引用。)

(1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)
1.能登町字藤波。藤波台運動公園から降りたところ。
2.通年。海越しに立山が見えやすい、春先が特におすすめ。
3.松の大きな木があるので、そこで太陽の反射を抑えると、重い写真も撮れる。
4.のと鉄道転換バス「能登間島」「健民テニスコート前」下車。
長島公園に、7台分の駐車場と、障害者対応トイレあり。
[PR]
# by noto100 | 2007-09-22 22:18 | 2007年選定<81〜90>

<67>五色ヶ浜

d0130089_2203949.jpg



砂の色が5色に変わるといわれている、奇麗な砂浜が澄み切った海を際立たせる
場所:五色ヶ浜海水浴場
(能登町百景から引用。)

(1.場所詳細、2.撮影時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)
1.能登町字新保。
2.通年。夏がやはりベスト。
3.砂が白いので、天気の良すぎる日は、オーバー気味になってしまう。要対策。
4.のと鉄道転換バス「五色ヶ浜」が最寄り。
金沢からの特急バスでは「のと海洋ふれあいセンター」下車、徒歩約2km。
自家用車は、海水浴場の駐車場へ。

・風の強い日の翌日のため、海藻だらけ。
しかし、白い砂浜に透明な波が寄せて来た。
d0130089_2235964.jpg
[PR]
# by noto100 | 2007-09-22 22:08 | 2007年選定<61〜70>

<64>千畳敷

d0130089_21404668.jpg



普段は浅瀬の海だが、海水が引いたときには岩肌が現れ、海洋散策ができる
場所:小浦 千畳敷
(能登町百景から引用。)

(1.場所詳細、2.撮影チャンスと時期、3.撮影アドバイス、4.アクセス)
1.能登町字小浦。
2.通年。
3.海水の透明度が高いので、PLフィルタなどで反射を取り除くと、魚などもきれいに写る。
展望台から見るのも良いが、海の近くに降りてみるのもいい。干潮時には、岩の上に降りる事もできる。
4.のと鉄道転換バス「小浦」から徒歩。
自家用車は、「千畳敷ポケットパーク」に駐車可能。ポケットパークにはトイレも。

・透明度抜群。
d0130089_21422756.jpg
[PR]
# by noto100 | 2007-09-22 21:43 | 2007年選定<61〜70>